不貞・不倫・浮気の慰謝料相場と請求方法

  • 不貞(不倫や浮気)で慰謝料請求したいけれど、どのくらいの金額が相場になるのだろうか?
  • 不倫慰謝料の計算方法を知りたい
  • 不貞の慰謝料の効果的な請求方法は?

夫や妻に不倫されたときの慰謝料の相場と効果的な損害賠償請求方法について、解説します。

 

1.不貞の慰謝料相場

配偶者が不倫したときの慰謝料相場は、だいたい100~300万円程度です。ただし実際に認められる金額は、ケースによって大きく異なります。

まず夫婦関係が破綻したかどうかによって金額が変わります

夫婦が離婚したり別居したりして夫婦関係が破綻してしまった際には、慰謝料は高額となり、200~300万円以上が相場です。夫婦関係が破綻しなかった場合には慰謝料は100万円以下になるケースが多くなります。

また婚姻年数によっても慰謝料の相場が異なってきます。

婚姻期間が1~3年程度の場合には慰謝料が低くなって100~150万円程度にしかなりませんが、婚姻期間が10年程度まで長くなると慰謝料は高額になり、300万やそれ以上になるケースも増えてきます。

さらに夫婦関係の破綻の有無や婚姻年数以外に慰謝料の計算に影響を与える要素は以下のようなものです。

  • 未成年の子どもがいる
  • 未成年の子どもの人数が多い
  • 不倫の期間が長い
  • 不倫の態様が悪質
  • 不倫が家庭生活に与えた影響が大きい
  • 不倫相手が妊娠、出産した
  • 被害者が精神病になった
  • 被害者が仕事を辞めた
  • 不倫相手の資産や収入、社会的地位が高い

上記のような要素があれば、不倫の慰謝料は高額になっていきます。

 

2.不貞慰謝料の請求方法

夫や妻が不貞をしたときに慰謝料請求(損害賠償請求)するには、以下のような手順で進めましょう。

  1. 浮気相手を特定する(浮気相手が不明な場合、電話番号やメールアドレスなどから特定できるケースもあります)
  2. 内容証明郵便で請求する
  3. 不倫相手と話合いをする
  4. 合意書を作成して、慰謝料の支払いを受ける
  5. 合意できなければ、損害賠償請求訴訟を行う
  6. 判決後、支払われなかったら強制執行をする

 

3.不倫の慰謝料請求は弁護士までお任せ下さい

不貞の慰謝料請求(損害賠償請求)するときには、まずは慰謝料の適正な相場を知り、自分の場合にどのくらいの金額が妥当なのか、計算する必要があります。

そして状況に応じた最適な方法を選択し、請求手続きを進めます。相手の反応によって対応を変える必要もあり、有利な条件で和解するには交渉のスキルも必要です。

弁護士が対応するとベストな選択をできて迅速な解決を望めるので、夫や妻の不倫問題にお悩みであれば、一人で抱え込まずにご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

電話番号リンク 問い合わせバナー