不貞・不倫・浮気の慰謝料を請求するときの証拠

  • 夫が不倫した!慰謝料請求するためにはどんな証拠が必要?
  • 「不貞」を立証するのに十分な証拠とは?
  • 不倫慰謝料請求の証拠の集め方を知りたい

夫や妻が不倫して浮気相手に慰謝料請求するには、証拠が必要です。

以下では、どのようなものが不貞慰謝料請求の証拠となるのか、説明していきます。

 

1.肉体関係を証明することが重要

不倫の証拠を集めるとき、重要な視点があります。それは「肉体関係を示す」証拠を集めることです。

法律上「不貞」とは肉体関係を伴う男女の関係を言います。そこで、基本的に肉体関係を証明できないと、不倫慰謝料請求も認められません。

メールや写真などがあっても、それだけでは直接的に肉体関係を立証できないことも多いので、注意が必要です。

ただ、1つの証拠によって確実に肉体関係を証明できなくても、複数を合わせることによって証明できるケースが多々あるので、諦める必要はありません。

 

2.不倫慰謝料の証拠

以下で、不倫慰謝料の証拠になりうるものを1つ1つみていきましょう。

 メール、LINEの記録

メールやLINEなどによって浮気相手とやり取りしている人も多いです。肉体関係につながりやすい内容であればあるほど、効果的です。近年の訴訟ではLINEが主な証拠となることが圧倒的に多いです。

 

 SNS、ブログの記録

Twitterやフェイスブック、ブログなどで不貞相手とやり取りしていたり、不倫相手とのデートや旅行などについて書いていたりする人も多いです。そういった記載があったらプリントアウトして証拠化しましょう。

 

 GPSデータ

夫や妻にGPS装置をしかけて行き先を調べます。すると、浮気相手の家やホテルなどに行っていることがわかり、浮気の証拠をとれるケースがあります。

 

 通話記録

浮気相手との不自然に長い通話履歴などがあれば、浮気の間接的な証拠になります。

 

 交通ICカード明細書

配偶者が交通ICカードを使って浮気相手の所に通っていれば、そういったものも証拠になります。

 

 クレジットカードの記録

浮気相手とのデートの際に支払いをしたり、高級なアクセサリーなどをプレゼントしていたりする明細があれば、間接的な浮気の証拠になります。

 

 写真

浮気相手と配偶者が写っている写真は、内容次第で浮気の証拠になります。たとえばホテルなどで写した性的な画像であれば直接的に不貞を証明できます。

 

 探偵の調査報告書

自分の力だけで浮気の証拠をとるのが難しい場合には、探偵事務所に依頼して不倫現場を押さえ、調査報告書を作成してもらいましょう。

きちんと写真がついていて信頼性のある調査報告書であれば、損害賠償請求訴訟でも使える証拠となります。

以上が不倫慰謝料請求に必要な証拠の概要です。対応に迷われたら、お気軽に弁護士までご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

電話番号リンク 問い合わせバナー