強制性交等(強姦)・強制わいせつの慰謝料請求をご検討中の方へ

強制性交等(強姦)・強制わいせつの慰謝料請求をご検討中の方へ強姦や強制わいせつの被害に遭われた場合、加害者を許せないという思いはあっても実際に請求をするとなると、躊躇してしまうものです。

そのようなとき、泣き寝入りせずに弁護士までご相談下さい。

 

1.強制性交等とは

「強制性交等」と言われても、一般的にはピンと来ない方が多数でしょう。

強制性交等とは、一昔前に「強姦」と言われていた行為です。

現在は、刑法が改正されて「強姦罪」が「強制性交等罪」に変わっています。

変更点は、対象者(被害者)に男性が追加されたこと、行為に「口淫」や「手淫」「肛門性交」などの性交類似行為が追加されたこと、刑罰が重くなったことなどです。

今は女性が男性から無理矢理性交や性交類似行為を強要された場合、強姦罪ではなく強制性交等罪が成立します。

 

2.強制わいせつとは

強制わいせつとは、暴行や脅迫の手段を用いて相手にわいせつな行為を行うことです。

たとえば無理矢理服を脱がせたり、衣服の中に手を入れて性器を直接なで回したり抱きついたりキスをしたりすると、強制わいせつとなります。

なお被害者が12歳以下の場合には、暴行や脅迫を用いなくても強制性交等罪や強制わいせつ罪が成立します。

 

3.性犯罪で慰謝料請求するときの注意点

強制性交(強姦)や強制わいせつなどの性犯罪は、相手の意思を無視して人格権を踏みにじる行為です。明らかに違法ですから被害者は加害者に慰謝料請求できます。

ただ、性犯罪の被害者は加害者に対して大きな恐怖を抱いており、自分一人で慰謝料請求を進めるのが困難です。そこで、弁護士などの第三者に依頼して、請求手続の一切を任せる必要性が高いと言えます。

またおおっぴらに慰謝料請求することで、事件が周囲に知られてしまうのをおそれる被害者の方も多いです。性犯罪の慰謝料請求する際には、こうした被害者の気持ちにも配慮しながら、慎重に進める必要があります。

 

4.性犯罪の証拠になるものは?

性犯罪で慰謝料請求するときにも、証拠が必要です。

そのためには、被害を受けたらすぐに病院や警察に行って証拠保全する必要があります。時間が経つと証拠を取れなくなるケースがあるので注意が必要です。

強制性交等罪や強制わいせつが刑事的に立件されて相手が有罪になったら、必要に応じて刑事記録を取り寄せて確認し、証拠とすることができます。

性犯罪の被害者が加害者と直接やり取りすると、精神的苦痛がさらに増大するのでお勧めできません。このようなときにこそ弁護士が役に立ちます。当事務所では犯罪被害者の方に親身になって対応しておりますので、泣き寝入りをせずに、ご相談下さい。

 

強制性交等(強姦)・強制わいせつの慰謝料請求

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

電話番号リンク 問い合わせバナー